西表島カヌーツアー風車スタッフブログ

 西表島観光を最高の思い出に! 2014年8月1日


◆パパも思いっきり楽しんで!

夏休みに入り連日大好評のマングローブカヌー&滝あそびいっぱいツアーですが、毎日たくさんのファミリーにご参加いただき誠にありがとうございます。

b_1408_西表島観光を最高の想い出に01

夏休みの思い出をつくるぞ~♪

b_1408_西表島観光を最高の想い出に02

まずはパドル講習で漕ぎ方をしっかり学習

b_1408_西表島観光を最高の想い出に03

滝つぼ目指して、いざ出発!!

このツアーのコンセプトは “お子様が主役!”
主役のちびっこ達を盛り上げるためにガイドも毎日頑張っておりますが、やはりパパの頑張りがちびっこにとって一番嬉しいようです。

 

◆ある時はカメラマンとして…

ご家族の思い出を写真やビデオに残すのは、たいていパパの役割です。旅行中の最重要任務といっても過言ではないでしょう。

b_1408_西表島観光を最高の想い出に09

楽しい思い出をしっかり残しましょう!

そこで、カヌーツアー中のカメラやビデオの取り扱いについての注意事項をお伝えします。
パパさん必見ですよ!

お客様から「ビデオカメラを持って行きたいけど防水バックに入れれば大丈夫?」とよく質問されます。

カメラは防水バックにいれたからもう大丈夫!と思いがちですが、カメラを水害によって破損するほとんどのケースは写真を撮るためにバックから出し入れするタイミングです。

慣れないカヌーの上でゴソゴソしているうちに自然とカヌーが漂い始めてマングローブへゆっくり突入…。慌ててパドルを持って軌道修正を試みるけど、その一瞬の隙にカメラを川へボチャン!!( ゚Д゚;;)

本当に一瞬の出来事ですが、一生の後悔につながりかねない大事件です!

ご家族の大切な思い出を西表島のマングローブの川に沈めないよう、カメラを使用する時はバックから出して再びバックにしまうまで細心の注意を払ってくださいね。

b_1408_西表島観光を最高の想い出に10

防水バッグの口をしっかり閉じるのも忘れずに!

尚、ビデオカメラやデジタルカメラなどを持ってツアーへ行く場合は、お客様による自己管理、自己責任でお願いします。

 

◆ある時はポーターとして…

ご家族のドリンクやタオルなど、細かい荷物を持ち歩くのもパパの仕事。そして、ジャングルトレッキングは基本的にはお子様が「自力」で歩くことになります。

b_1408_西表島観光を最高の想い出に04

お子さまをリードして歩きましょう

パパがしてくれる、ちょっとしたサポート…例えば、大きな岩場を乗り越えたり滑りやすいポイントを歩く時、パパの大きな優しい手が差し伸べられるだけでお子様は安心してツアーを楽しむことができます。

たまに子供の目線でジャングルを見上げてください。大人にとっては何てことのない石や植物が、子供の目にはダイナミックな光景に映っているはずですよ!

b_1408_西表島観光を最高の想い出に05

ん? これはいったいなんだ??

 

◆ある時はけん引したり…

4人家族の場合、ママとお兄ちゃん(お姉ちゃん)、パパと弟(妹)という組み合わせでカヌーに乗ってもらうパターンが多いです。しかし、風が強い日はママチームのカヌーは漕いでも漕いでもなかなか前に進まない…なんてことがあるのです。

そんな時、やっぱり頼りになるのはパパ!

パパの乗ったカヌーにロープを連結してママチームのカヌーを引っ張ります。

b_1408_西表島観光を最高の想い出に06

パパの評価がグングン上がる瞬間

パパの偉大さ逞しさが最高に演出されるシーンです。一家の大黒柱の凄さをウーンと見せつけましょう!

 

◆だからパパはすごいんだ!

カヌーツアーでは一日を通してパパの奮闘ぶりが際立ちます。会社で働くパパの姿を知らないちびっこや奥さんへアピールするには最高のステージです!

し、しかし…!!

悲しいかな、ちびっこ達はパパの頑張りはほとんど見てくれません。ママなら話は別なんですけどね…(泣

とにかく子供は夢中でカヌーを漕ぎ、滝つぼではいつまでも泳ぎ、ジャングルトレッキングはマイペース。体いっぱい遊んで帰りのカヌーでは寝ちゃう子が続出です。

b_1408_西表島観光を最高の想い出に07

おーい、あとちょっとでゴールだよ~

 

◆夜のビールは格別です

仕事とは違う心地よい疲労感が残った体に夜のビールが染み渡ります。言うまでもない格別な美味しさに、いつもよりも一杯多めに飲んでしまうかもしれませんね!

b_1408_西表島観光を最高の想い出に08

パパ、お疲れさま!今夜はおかわりOKです!