西表島カヌーツアー風車スタッフブログ

 ピナイサーラの滝、滝うえからの絶景! 2014年7月7日


◆50分のジャングルトレッキング!

これまで幾度となくお伝えしたきましたが、ピナイサーラの滝(滝つぼ&滝うえ)ツアーの最大の目的は、なんといっても滝上からの絶景です。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景01

滝上へ着いたらまずは記念撮影!

突き抜けるような快晴の多い夏場は、海の色も空の色も冬場に比べると格段の美しさを見せてくれます。

これはこの時期に西表島を訪れた方の特権でもあるのですが、この絶景を見るためには蒸し暑いジャングルの中、山登りをしなくてはならないので結構ハードです。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景02

写真撮影は笑顔ですが…

蒸し暑いジャングルの中は風がほとんど当たりません。トレッキングルートが夏の南風が当たりにくい北側にあるので、歩いている最中はほぼ無風状態。歩く距離の長さよりも暑さに参ってしまいます。

 

◆そんな環境でもガイドは頑張ってます!

風車のガイドは約20キロのリュックサックを担いで山を登ります。よくお客様から「そのリュックすごく重たそうだけど何が入ってるの?」と聞かれますが、今日はその質問にお答えしたいと思います。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景03

一体、何が入ってるの?

どんなに蒸し暑い日でもガイドが一生懸命担ぐ大きくて重たいリュックサック。そのリュックの中身とは…?

風車のツアーへ参加してくださったお客様への「想い」です。「想い」がギッシリ詰まっているので「重い」のです。冗談のようで本当なんですよ。すべては、滝上から望む絶景を眺めながらのランチタイムをご提供したい!という一心。そんな強い想いを抱きながら今日も山を登るのです。

 

◆ガイドの想いとは…

約50分のジャングルトレッキンングでは息も上がって汗びっしょりになりますが、山を登りきると滝上からの絶景に心身ともに癒されるのです。まさに頑張った方だけに与えられるご褒美ですね!

記念写真を撮った後、お客様は木陰で休んだり川で水浴びしたりと休憩タイムに入ります。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景04

登頂お疲れさまでした!

しかし、ガイドにはここからとても重要な仕事があります。それは、お客様のお腹を満たすための「わくわくランチ」の調理開始です!

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景05

おいしくなーれ!心を込めて作ります!!

 

◆わくわくランチとは?

それではここで風車特製わくわくランチをご紹介します。

まずは、朝7時からスタッフ総出でにぎった「おにぎり」。そして「八重山そば」。そばに入っているお肉(三枚肉)は風車特製です。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景06

大人気!風車特製わくわくランチ

ガイドが背負っていたリュックサックの中には、どんぶり、お箸、水、鍋、ガスコンロ、調味料、などなど…食材と調理器具がギッシリなのでした。

滝上の絶景ポイントで美味しい物を食べていただきたい。お客様の驚きと喜びの顔が見たい。それがガイドの想いです。昼間にしっかりカロリーを消費して夜に美味しいビールを飲みたい!という個人的な想いもありますが…(^-^;

そうそう、完食する前にお腹いっぱいになってしまったら残しても大丈夫ですよ。専用の容器をガイドが持参しているので、生ごみとしてしっかり持ち帰ります。ご安心を!

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景07

残飯はボトルに入れて持ち帰ります

ちなみに風車特製わくわくランチの美味しさの秘密については以前のブログをご覧ください。

風車の三枚肉
大好評!風車のおにぎり

 

◆ここでアドバイス

絶景が魅力のピナイサーラの滝(滝うえ&滝つぼ)ツアーですが、夏場(7月~9月)のジャングルトレッキングや山登りは本当に暑さが厳しくハードなのが現実です。それでもピナイサーラの滝の完全制覇にこだわる方は、ぜひピナイサーラの滝(滝うえ&滝つぼ)ツアーへご参加ください。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景08

心ゆくまで絶景を堪能!

少しでも涼しく外遊びをマンキツしたい方にはマングローブカヌー&キャニオニング体験ツアーをお勧めしますよ!

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景09

“涼”を求めるならキャニオニングツアー!