西表島カヌーツアー風車スタッフブログ

 < 2015年 12月> の記事

 雨による増水でプレミアム(?)ピナイサーラの滝 2015年12月30日


途中で雨が強くなり大変でしたが、子供たちは普段出来ない体験ができて大喜びでした。雨による増水でプレミアム?ピナイサーラの滝が見れました。
ガイドの鈴木さんありがとうございました。次回機会があれば是非、「風車」さんにガイドをお願いしたいです。

 今度は大介さんとぷらっと島めぐりもいいかな 2015年12月28日


天皇誕生日にセットしたツアーは雨のスタートとなりました。
大介さん・宮城くんのガイド、同行のKさん、よき人たちにお会いできてとても楽しいツアーになりました。
大介さんが見せてくださった「サガリ花」「アナジャコの作る砂塊の造形美」、作ってくださった「八重山そば」、感動しました。宮城くんに殆ど漕いでいただいたカヌーでのヒナイ川、静寂と自然美に包まれていました。この時期らしい天気でも、満足できる質と内容でした。
西表も大方巡ったので、今度は大介さんとぷらっと島めぐりもいいかなと思っています。

大介さん、私は25日に帰宅してから長島温泉に行ってきましたよ。(家から20分)
西表温泉が復活したらいいのにね。宮城くんに、よろしくお伝えください。

 帰りたいといわれどうしようかと思いましたが… 2015年12月28日


昨日はありがとうございました。家族みんなで雨のなかいい経験ができたした。
途中、雨でずぶ濡れになり、帰りたいといわれどうしようかと思いましたが、それを忘れさせるようなツアーで最後はよかったと言ってました。
温かいラーメン、おいしかったです。ありがとうございました。

 一緒に参加したS夫婦も大満足でした! 2015年12月27日


その節は大変お世話になりありがとうございました!!
とても楽しかったです。一緒に参加したS夫婦も大満足でした!
滝つぼ上で食べた八重山そばとおにぎり最高でした!
私が住んでいる広島市安佐南区出身の大谷さんにもお会いできてうれしかったです。
また参加させてくださいね。では、よろしくお願いいたします。

 テードゥン(竹富島)へ行ってきました! 2015年12月3日


みなさん、いきなりですが「テードゥン」という言葉をご存知ですか?
この聞き慣れない「テードゥン」とは、八重山諸島のうちの一つである竹富島の方言で「竹富」を表すそうです。

先日、その竹富島へ家族旅行をしてきました。いったい何年ぶりでしょう?
11月も後半だというのにこの日はとても蒸し暑く、沖縄の定番スタイルであるTシャツ&短パンがちょうど良いくらいでした。

実は、竹富島には1998年4月から翌年の10月まで暮らしていたこともあり、今回の旅では懐かしい人達との再会に次ぐ再会でとても有意義な時間を過ごすことができました。

 

【 賑わいを見せる赤瓦集落 】

私が暮らしていた当時の1998年は、竹富島の港から集落の入口までしか道路は舗装されていませんでした。しかし、現在では集落を囲むように島をぐるっと一周できる外周道路が整備され、新しい宿やお店もたくさんできていました。

石垣島から船でわずか10分の竹富島では日帰りの観光客が非常に多く、島内はお祭り(?)のような賑わいです。昔は無かった洋風カフェやコテージ風の宿泊施設もたくさん増え、すっかり一新された島内は活気に溢れていました。

驚いたことに、名所である「なごみの塔」の下にはズラリと行列が! そして、ランチをするにも用紙に名前を書いて順番待ち…。
それぞれ30分待つこととなり、まるでディズニーランドのアトラクション並みです。

b_151124_02

シンボルタワー「なごみの塔」

b_151124_03

あまり高くない様に見えますが…

b_151124_01

美しい赤瓦集落や西表島が見渡せます

私たちが暮らす西表島の西部地区では、今の時期は観光客の姿をあまり見かけないので何とも羨ましい限りです。

 

【 陸だけじゃない、海もきれい! 】

竹富島周辺の海域はサンゴ礁の美しさでも有名です。
港からわずか5、6分のポイントでもグラスボートが楽しめます。しかも、この日はウミガメにも遭遇することができました!
ですが、あまりの嬉しさに写真を撮り忘れました。ごめんなさい(汗

b_151124_04

ファミリーにも大人気!

 

【 一日の終わりに… 】

竹富島といえば西桟橋から見る夕日もお勧めです。
日没近くになると西桟橋には三々五々に人が集まり、西表島へ沈む夕日を眺めて一日の終わりを感じるのです。

b_151124_05

西桟橋の向こうに遠く見える西表島

b_151124_06

夏場はもっと西表島寄りに日が沈みます

 

【 夜こそ楽しい!? 竹富島 】

日帰りの観光客が去った後、竹富島の夜は静寂に包まれます。
懐中電灯を片手に、バラス(珊瑚の欠片でできた砂)が敷き詰められた白い道を「ザッ、ザッ…」と音を鳴らしながらのんびり歩きます。

優しく灯るレトロな電柱の明かりを見つめ、遠くから聞こえてくるフクロウの鳴き声を耳にしていると、心がスーッと穏やかになっていくのを感じます。
そのまま島酒を飲みに行ったり、宿へ帰ってゆんたくを楽しむのも良いですね。

ちなみに、私たち一家は懐かしのたるりやさんに寄って一服しました。

b_151124_07

マンゴーとメロンのハーフ&ハーフかき氷

b_151124_08

テーブルの隙間から現れたヤモリくん

竹富島のもう一つの顔が見られるのは日が暮れてからです。
お時間のある方はぜひ宿泊して気ままな夜をお過ごしくださいね!

1 / 11