西表島カヌーツアー風車スタッフブログ

 <風車ブログ> カテゴリーの記事

 ちょっと休憩…そこはどこ? 2014年7月31日


【 夏の西表島生活でよく使う単語No.1は…? 】

何といっても「暑い!」です。おそらく一日30回以上は言ってるような気が…。

屋外に出る時、帽子とサングラスは必須アイテムです。そして私の場合、右のポッケには夢を…じゃなくて、ムヒ。左のポッケには日焼け止めがいつでもスタンバイしております。

 

【 ちょっと、ひと休み…ふさわしい場所かな? 】

さて、毎日うだるような暑さの西表島です。今日はカヌーツアーへ参加されるお客様へちょっとしたアドバイスをお伝えしたいと思います。

カヌーに乗る前に行うパドル講習の時、カヌーを止めて他のメンバーを待つ時、トレッキング中の休憩、などなど…。そこには直射日光が当たっていませんか?

b_1407_ちょっと休憩…そこはどこ?05

まさに… 炎・天・下!!

そうそう、そんな場所で休憩しても暑さからは解放されないし、疲れた体を休めることもできませんね。

ガイドも休憩するポイントには気を遣い、なるべく風通しのよい木陰を探していますが、もしお客様自身で絶好の日影ポイントを見つけたら移動して休憩してください。

要するに、ツアー中は一日を通して、とにかく木陰を探しましょう!という事です。

b_1407_ちょっと休憩…そこはどこ?01

川岸の日影へ!

b_1407_ちょっと休憩…そこはどこ?02

マングローブ林は最高の休憩ポイント

b_1407_ちょっと休憩…そこはどこ?03

清流を見つけたら腰を下ろしてみましょう

ちなみに「真っ黒に日焼けしたい!」と思っている方は「なるべく日焼けせんぞ~!」というくらいの気持ちで、ちょっと焼くのがちょうど良いですよ。

気合いを入れて日焼けをすると、必ずやけど状態になってしまいます。夜に救急病院へ…なんてことになったら大変なのでご注意を!!

 

【 お子さまと一緒にツアーへ参加される場合の注意事項 】

西表島は気温が35℃以上の猛暑日になるという話は聞いた事はありませんが、30~32℃前後でも日差しの強烈さは最強です。

特に、カヌーを漕いでいる最中は水面からの照り返しも厳しいものです。小さなお子さまは大人に比べて水面から近い位置に顔があります。

日焼け止めをしっかり塗ってあげたり、サングラスを用意してあげるなどして、強い日差しからしっかりガードしてあげてくださいね!

b_1407_ちょっと休憩…そこはどこ?04

ちびっこも大人同様に装備しましょう

 台風12号が発生しました。 2014年7月30日


【 一週間ぶりの台風 】

一週間近く前から、台風の卵ともいうべき熱帯低気圧が西表島のはるか南の海上ですくすくと育っていましたが、本日、台風12号となりました。

b_1407_台風12号01

本日正午の時点での進路予想

今のところ暴風域をともなう事もなく大きな被害の心配もさほどない台風12号ですが、前回接近した台風10号からわずか一週間しか経っておらず、どうしても「またか…」といった感が否めません。

西表島近海では今日から波が高くなり、船をマングローブ域に移動するなどの台風対策も始まりました。

 

【 ゲリラ豪雨!! 】

さて、ここ最近はゲリラ豪雨とでもいいましょうか…突然の大雨が西表島のごくごく限られた地点に局地的に降りました。

雷を伴う激しい雨。気温の高い日が続くこれからの季節は、そんな局地的な大雨にも注意を払う必要があります。

b_1407_台風12号02

午後2~4時の間に集中的に降りました

そんな大雨の中、魚の群れがピョンピョンと飛び跳ねながらカヌーに近づいてきました。そして、大雨によってできたコックピット内の水たまりに飛び込んできたのです!

b_1407_台風12号03

ちょっとパニック状態のお魚ちゃん

そのまま捕まえて夕飯のおかずとして塩焼きに…。なんてできるほどのサイズじゃなかったので川へ逃がしてやりました。

あわてんぼうのお魚ちゃん、西表島のジャングルで大きくなれよ~!

 台風10号の影響について 2014年7月25日


【 カラカラ台風 】

台風10号が7月22日から23日にかけて西表島の近くを通過していったのをご存知ですか?

本土へ向かう進路ではなかったので大きなニュースにはなりませんでしたが、その頃に八重山方面への旅行を計画されていた方は、かなり気をもんだことと思います。

b_1407_台風10号の影響01

西表島付近を通過の際も暴風域はありませんでした

幸いにも西表島は暴風域に入らなかったので大きな被害はありませんでしたが、同時に雨もほとんど降っておらず相変わらずの渇水気味です。

カラカラに乾いたジャングルに恵みの雨を降らせてくれることを期待していたので、ちょっと残念な台風10号さんでした…。

b_1407_台風10号の影響02

24時間で十数ミリしか雨が降りませんでした

風車のカヌーツアーは23日は全コース中止となりましたが、昨日からは通常通りの営業となってます。

ただし、ナーラの滝ツアー や アダナデの滝ツアー などの海から出発するツアーに関しては、強い南風、いわゆる台風による吹き返しの風がおさまってから再開します。

 

【 台風接近時におけるカヌーツアーの取り扱い 】

ツアー中に暴風域に入る可能性がある場合は全コース中止となります。

ただし、暴風域には入らないけど強風域には入りそうだな…という場合は、石垣島と西表島を結ぶ船の運航状況を参考にしてツアーを開催するか決めます。

船が欠航になりそうな場合は、もちろんツアーは中止になります。

 

【 船の運行状況について 】

台風の進路、速度によって運行状況もめまぐるしく変わります。

船会社のホームページに掲載されている運行状況は、朝の時点で「通常運行」となっていても西表島を観光している間に「欠航」となる場合があります。

台風接近時は船会社に電話するなどして、こまめに運航状況の確認をとらないといけません。

安栄観光HP

 

【 ツアー前日、ツアー当日の宿泊先が石垣島の場合 】

台風接近時は上原航路が終日運航であることがツアー参加の条件となります。カヌーツアーを楽しんでいる最中に船が欠航して石垣島へ戻れなくなったら大変ですからね!

大荒れの海をカヌーを漕いで石垣島へ…なんてムリムリ~(^-^;

 

【 ツアー前日、ツアー当日の宿泊先が西表島の場合 】

暴風警報、大雨・洪水警報などがツアー中に発令されなければツアーの開催が可能な場合もあります。しかし、台風接近時に西表島へ宿泊する場合は、定期船が数日間欠航し続けて足止めを食う場合もあります。

台風接近時に離島巡りを楽しむ方は、どこの島で何日過ごす事になるかわからないので十分な「予備日」が必要です。

 

【 台風時のツアーのキャンセルは? 】

台風の影響でカヌーツアーをキャンセルする場合、もちろんキャンセル料は発生しませんのでご安心を。また、どうにもこうにも台風の動きが気になって旅行の準備どころじゃない~!という方は遠慮なく風車までお電話くださいね!

 石垣島は都会? 2014年7月21日


Category:風車ブログ

【 侮るなかれ!日本最南端の国際空港 】

八重山を観光で訪れた方に「石垣島が意外に大きな街でビックリした!」とよく言われます。

飛行機は一日数便しかなく、空港にはキヨスクみたいな小さい売店がポツン…。気のよさそうな店員さん(沖縄のおばちゃんが)に「あんた東京ね?」なんて声をかけられ、別れ際にはアメ玉なんかもらってほのぼの。

そんなのんびりムード満載の南の島の空港といったイメージをお持ちの方はきっと多いはず。
しかし!実はそうではないのです!!

石垣島に昨年完成した新石垣空港は、地方空港の中では全国トップクラスに利用者の多い空港なのです。

全国空港乗降客数一覧
(出典 : 国土交通省 東京・大阪航空局 空港利用状況概況集計表)

 

【 日本最南端のスタバ 】

新石垣空港の建物内は白を基調とした、何とも都会的な雰囲気ただよう洗練された空間です。

ロビーにはたくさんの土産屋が立ち並び、八重山の島々から集められた様々な商品が取り揃えられています。そして、なんとスターバックスコーヒーまであるのです!

都会では当たり前のスターバックスですが、新石垣空港への出店が決まった時はマクドナルド進出以来の嬉しいニュースとなりました。

b_1407_石垣島は都会?01

こじんまりとした落ち着いた外観

南ぬ島・石垣空港HP

ちなみに石垣島の人口は48,000人を超え(平成26年5月末現在)街中には大きなマンションやアパートがあふれています。

モスバーガーやミスタードーナッツ、大戸屋、TSUTAYAもあり、今年度内にはファミリーマートが10店舗以上の開店を予定しているそうです。個人的には吉野家が来てくれたらもう満足なんですが…。

どうですか?皆さんが思っている以上に都会でしょ!
以前、長野に住む叔母が遊びに来た時は信号がある事に驚いていましたよ。

 

【 石垣島から西表島への日帰り観光可能 】

風車のカヌーツアーは石垣島から日帰りで参加できます。朝早くの出発なので往路の船内ではどうしても睡魔に襲われます。

そして、西表島の上原港に到着する頃に起きると、視界に飛び込んでくるあまりの素朴な風景に戸惑うかもしれません。あんなにきれいで感動した石垣島の海より更に青く澄み渡る西表島の海にも、きっと驚くと思いますよ。

「ここが西表島か~」とキョロキョロしながら桟橋を歩いていると、風車のガイドが看板を持ってお客様をお待ちしています。ここからツアーが始まりますよ!

b_1407_7-9月のツアー1

はじめまして、風車です!

 

【 ツアー終了後は上原港で解散 】

西表島の大自然で思いっきり遊んだ後は、西表島内に残る方は宿泊先まで、石垣島へ戻る方は上原港へお送りして解散となります。

いざ船が西表島から離れ始めると、復路も一日遊んだ満足感と疲労感から次第にまぶたが重くなってまた眠ってしまうことでしょう。

そして50分の仮眠後…。石垣港に入港するため船が徐行をはじめます。するとどうでしょう!びっくりするくらい石垣島が都会に感じるのです。

それは西表島で過ごした約8時間が、どれほど人混みや喧騒のない自然豊かな環境であったかを物語っています。亜熱帯ジャングルでのカヌーやトレッキング、滝遊びに癒された証拠ですね。

 

【 そして旅は終わり… 】

西表島から石垣島に戻っただけで都会的な雰囲気を味わえますが、石垣島から羽田空港や関西国際委空港に到着すると、今度は一気に現実世界に引き戻されます。

そ、し、て…その時すでに「沖縄病」にかかっている自分がいるかもしれませんよ!

●風車ブログ → 沖縄病について

 沖縄病について 2014年7月19日


Category:風車ブログ

【 沖縄病とは 】

みなさん沖縄病という病があるのをご存知ですか?

沖縄を旅した方が感染しやすく、病院へ行っても専門の医者や特効薬はありません。沖縄旅行の最中に感染し、潜伏期間は帰りの飛行機の中と考えられています。

発症の仕方には個人差があり、一週間から一ヶ月ほどかけてジワジワ発症する方もいれば、早い方で帰宅と同時に発症した例もあるそうです。

どうしたら治るのか…。現代の医学をもってしても未だ解明されない難病です。

b_1407_沖縄病01

まさに感染中と思われる旅行者

 

【 主な症状 】

主な症状として 「沖縄のことがもっと知りたくなる」 「また沖縄に行きたくなる、というより帰りたくなる」 「なんでも沖縄びいきになってしまう」 などがあります。

とにかく沖縄のことが頭から離れず、症状が進行すると仕事中も空を見つめ、沖縄のことばかり考え胸が締め付けられます。同じような病気に「恋わずらい」があります。

気づけば、壁にはJTAのポスターもしくはカレンダー、携帯の待ち受け画面は沖縄の風景、砂糖は白から黒になり、箸は赤と黄のツートンカラーを愛用、などなど…。挙げればきりがないほど身の回りが沖縄化するのです。

b_1407_沖縄病02

病原体を保有していると思われる感染源-1

b_1407_沖縄病03

病原体を保有していると思われる感染源-2

b_1407_沖縄病04

病原体を保有していると思われる感染源-3

b_1407_沖縄病08

病原体を保有していると思われる感染源-4

b_1407_沖縄病09

病原体を保有していると思われる感染源-5

また、天気予報は画面の左上を見てしまうといった症例も報告されています。

b_1407_沖縄病05

NHKの天気予報全国版

沖縄病にかかった方におおよそ共通する点は沖縄旅行のリピーターになることです。そして、最終的には移住してしまう重症患者も多いようです。

沖縄病をさらに分類すると「八重山病」「西表病」など、感染した場所によって病名は異なりますが症状はすべて同じです。

 

【 沖縄病になったら 】

もし、あなたが沖縄病になってしまったら、末永く上手に病気と付き合っていきましょう。治療のため一年に何度も沖縄に、しかも離島の西表島まで通い詰める患者さんもいますが、それはかなりの末期症状と考えられます。

b_1407_沖縄病06

重症患者のOさん、Sさん

ほとんどの患者さんは普段の仕事や生活があり、なかなか簡単には何度も沖縄まで来ることはできません。では、普段の生活を送りながらどうやって治療すればよいのか…。

簡単にできる治療法としては 「沖縄料理店へ行く」 「三線(サンシン)教室へ通う」 「沖縄出身アーティストの曲を聴く」 などが効果的かと思います。

 

【 沖縄病の処方箋 】

まずは、最寄りの駅や通勤途中に沖縄料理店があれば行ってみましょう。行けば必ずといっていいほど沖縄ソングや沖縄民謡が流れています。昼は三線教室、夜は居酒屋と2つの顔をもつお店もあります。

そして、気に入ったお店を見つけたら何度か通ってお店のマスター(おそらく沖縄出身者)に話しかけてみましょう。マスターに顔を覚えてもらえた頃には周りの常連さんとも顔馴染みになり、沖縄トークに花を咲かせることができるでしょう。

美味しい沖縄料理を食べながら「私は本島派よ」とか「やっぱ宮古でしょ!」とか「いやいや、八重山が一番だよ」などと話しているうちに「お店」も「お店の人」も、そして「お店に集まる人々」も好きになっていきグングン治癒されます。

●東京都府中市にある沖縄料理店 → 居酒屋・海人

 

【 それでも治らなかったら… 】

普段の生活に「これでもか!」と限界まで沖縄テイストを取り入れても症状が治まらない方に残された治療は、もはや沖縄移住しかないでしょう。

その最終治療を行うには「今の生活を変える(捨てる)」「周囲への説得」「沖縄での就職活動」など、いくつもの高いハードルをクリアしなければなりません。しかし、劇的な治療効果が期待できると思いますので、沖縄病で真剣にお悩みの方はご参考ください。

b_1407_沖縄病07

沖縄移住を助けてくれるサイトを検索しよう!

 

 カヌーツアーの落とし穴…忘れ物にご注意を! 2014年7月16日


【 最後の最後にハプニング!? 】

風車のカヌーツアーに参加して楽しい思い出をいっぱい作るはずが、最後の最後にドラマ「ルーズヴェルトゲーム」のような逆転劇に見舞われ、ブルーな気持ちで西表島を去る…。

なんてことがたまにあります。それは何かと言いますと…そうです忘れ物です。

 

【 カヌーツアー開始前の忘れ物 】

風車ではカヌーツアーへ出発する前に一度ご来店いただき、レンタルシューズのフィッティングやツアーに関する注意事項の説明など事前準備を行います。

その際、ほとんどのお客様が日焼け止めを塗るのですが、たまに机の上に置き忘れてカヌーツアーへ出発してしまう場合があります。

とても日差しの強い中カヌーを漕いだり滝つぼで遊ぶので、ツアー中は日焼け止めの塗り直しが必要になります。出発前には必ず荷物を確認して日焼け止めを持って出かけましょう。

1407_忘れ物にご注意01

帽子、タオル、日焼け止め、ドリンクは必需品!

 

【 カヌーツアー中の忘れ物 】

ランチタイムや休憩中にサングラスや帽子を岩の上や木にぶら下げておいたのを忘れて出発…なんて事もたまにあります。

よほど目立つ色や大きさでないと自然に調和してしまい、見ているつもりでも気づかなくなっている可能性があります。なるべく荷物は一か所にまとめ、グループでの参加なら皆で決めた場所に置くようにしましょう。

1407_忘れ物にご注意02

荷物は一か所にまとめましょう

 

【 カヌーツアー終了後の忘れ物 】

風車ではお客様にビーチサンダルをご用意しております。ツアー終了後は用意しておいた水で足を洗ってもらい、乾くまでの間、一時的に利用してもらうためのサンダルです。

実はこのサンダル、石垣島のダイソー(100円ショップ)で購入したのですが、たまに108円のサンダルを履いたまま帰ってしまう方がいます。

お客様が帰った後にポツンと残る新品のサンダル…。そんな光景がたまに見られます。

1407_忘れ物にご注意03

一足だけ寂しそうに佇むサンダル…

 

【 貴重品はロッカーに!それでも…最大のピンチ!! 】

カヌーツアー出発前にはお客様の貴重品は貴重品専用ロッカーに保管してもらいます。そして、ツアーが終わったらお店へ戻ってシャワーを浴び、帰り支度を整え石垣島やホテルへ帰ります。

この間、ロッカーに保管していた財布や携帯電話の存在をすっかり忘れてしまったら…どんな事になるのか想像がつきますよね。

お客様も私たちもかなり焦ります!(汗

石垣行きの船が出発するまでのタイムリミットもありますし、楽しい思い出が吹っ飛ぶほどバタバタすること間違いなしです。万が一、タオルやドリンクを忘れることがあったとしても、貴重品の忘れ物だけはしないよう十分気を付けましょう!

1407_忘れ物にご注意04

意外と見落としがち!? 貴重品ロッカーへの忘れ物

 

【 あわてずにお電話ください 】

慣れないカヌーツアーが終わる頃には疲れもあってか、これまで様々な忘れ物がありました。

シャワー室には水着や時計や高級ブランドの石鹸、机の上にはホテルの部屋やレンタカーの鍵、リュックサックの中には日焼け止め。楽しい思い出を写したカメラを忘れて帰られた方もいました。

もしも「あっ!○○が無い!忘れたかも…」となっても、お店や送迎車に置き忘れたとしたらほぼ100%見つかりますので、慌てずにまずはお電話ください。

それと行き帰りの船中で携帯電話を落とす方も多いのでご注意くださいね。

 

 マングローブカヌー&滝あそびいっぱいツアーについて 2014年7月15日


夏休み期間中に大好評のマングローブカヌー&滝あそびいっぱいツアーですが、7月下旬からのご予約が取りにくい状況となっており、大変ご迷惑をおかけしております。

 

【 どうして人気なの? 】

このコースは未就学児(4歳以上)から小学3年生くらいのお子様に一番楽しんでもらえるツアー内容となっています。参加される方はファミリー限定とし、通常、ガイド1名につき2組のご家族をご案内しています。

b_1407_マング&滝遊びについて01

これから始まる冒険にドキドキ…

同じ年頃のおともだちも一緒にツアーへ参加している場合が多く、年上のニーニーやネーネーには年下のちびっ子を気遣って面倒をみてくれる優しさが見られます。

また、ちびっ子にはニーニーやネーネーに負けじとカヌーを漕いだりトレッキングを張り切り、ツアー中にたくましく、たのもしくなる成長を見ることができます。

b_1407_マング&滝遊びについて02

記念写真もバッチリポーズを決めて!

お子さんにとってはただの遊びかもしれませんが、西表島のジャングルで遊ぶ過程で生まれるお子さんの変化は、パパやママだけでなく、私たちガイドにとっても大きな歓びです。

 

【 夏休み期間中にもっとツアーを楽しむコツ 】

●石垣島から日帰りでツアーにご参加の方

ツアー当日の朝はご宿泊先から石垣港へは出来るだけ早く行き、早めに船のチケットを買い、早めに乗船しましょう。

船の座席は三人掛けです。出航ギリギリに乗船すると座席は離れた場所に1つずつしか空いていない場合が多く、ご家族がバラバラに座らなければなりません。

船のチケットを購入する際、目的の船が何番の桟橋へ入るかあらかじめ調べておきましょう。船が桟橋へ入る前から並んで乗船すれば、みんな一緒の(近くの)席に座れます。石垣島を出発する瞬間から楽しい家族旅行が始まりますよ。

●着替えは一枚多く持ってツアーへ参加

通常、滝つぼで泳いだ後はタオルで軽く体を拭いて、その後も同じ服装でツアー終了まで過ごします。しかし、小さな体のちびっ子は暑くなるのが早いけど冷えるのもとても早いものです。

滝つぼで遊んだ後は乾いた服に着替え、濡れた服による「冷え」を防止ししょう。せっかくの家族旅行なのに風邪をひかせたら可哀想ですもんね。

●お子さま用サングラスも持参

強い日差しを防ぐための帽子は必須アイテムですが、サングラスがあれば尚よろしいかと思います。

b_1407_マング&滝遊びについて03

西表島の日差しは予想以上に強く、水面からの照り返しもとても厳しいのです。大人よりも目線が下にあるちびっ子の目はとてもとても疲れやすくなります。

以前、私たち夫婦だけサングラスをかけて娘は裸眼のまま一日カヌーを楽しんだことがあります。夕方、お店に戻ってから娘の顔を覗き込むと、目が真っ赤に充血して、これは可哀想な事をしたな…と強く反省したことがあります。

大事な目の負担を少なくする意味でもお子さま専用のサングラスがあればぜひご持参くださいね。

 

【 パパもママも楽しんで! 】

お子さまの楽しむ姿が見たくてこのツアーに参加されるご家族が多いと思いますが、滝つぼでの水遊びはパパもママも童心に返って子供のように遊んでください。

特に、お子さまよりより先にパパやママが水に入り、水温や深さがご自分の子供にとって大丈夫かな?とチェックしてみてください。

b_1407_マング&滝遊びについて04

最初は腰が引けるちびっ子ですが…

そして、パパやママが率先して滝つぼに飛び込むと、後に続くお子さんも頑張って飛び込む勇気が湧いてきます。

最初はためらうかもしれませんが、パパとママが楽しそうに遊ぶ様子を見ると安心感が生まれ、未就学児のちびっ子でもチャレンジ精神が湧き上がってくるのです。

b_1407_マング&滝遊びについて05

パパと一緒ならへっちゃらだ!

最初のうちは、おそるおそる滝つぼに入っていたちびっ子達ですが、しばらく経つと…

パパ) そろそろ上がるよ~
ちびっ子) やだっ!もっとあそぶのぉー!!

といったイヤイヤ状態になります。

b_1407_マング&滝遊びについて06

いつのまにか一人で飛び込む勇気が!

成長を感じられる幸せの瞬間ですが、唇が紫色になる前にはイヤイヤでも水から上がってもらいましょうね。

 

【 写真を撮ります、送ります 】

風車では、ご家族でカヌー漕いでいる時や滝つぼで遊んでいる姿をガイドが写真撮影しています。撮った写真は後日メールで送りますので楽しみにお待ちくださいね。

西表島での思い出を来年の年賀状にぜひぜひご利用ください!

b_1407_マング&滝遊びについて07

西表島で生まれた成長を記念に残そう!

 西表島の夏の風物詩 2014年7月14日


【 夏の夜に咲いて朝に散るサガリバナ 】

今の季節、カヌーを漕いでいると川にはたくさんのサガリバナが浮かんでる光景を目にします。うっすら漂う甘い残り香がツアーに参加されたお客様や私たちガイドの心をなごませてくれます。

1407_夏の風物詩01

香水のような甘い香りが特徴

夜に咲いて朝には散ってしまうサガリバナ。そんな儚い姿を見ていると、鴨長明ではありませんが「無常感」に浸ってしまいます。

1407_夏の風物詩02

水に漂う姿も品があります

サガリバナは一夜限りの美しい花ですが、西表島には一日限りの花もあります。それが夏の朝に咲くオオハマボウです。

b_1407_夏の風物詩03

ペーパーフラワーの様な可愛らしい姿

b_1407_夏の風物詩07

夏空に映える淡い黄色の花

川面に浮かぶ白とピンクのサガリバナと川岸に生える黄色のオオハマボウの花を眺めながらカヌーを漕ぐ…そんなツアーが楽しめるのは西表島でも真夏の朝ならではです。

そしてツアーが終盤にさしかかる夕方頃、朝には黄色だったオオハマボウの花がオレンジ色に変わり、また川に浮かんでいます。なんとも風情のある花たちの演出ですね。

1407_夏の風物詩04

花びらのふちから色が変わります

1407_夏の風物詩05

しとやかな姿に癒されます

ちなみに沖縄ではオオハマボウのことをゆうなと呼んでいます。淡い黄色の花びらが可憐なこの花は、秋篠宮佳子さまの「お印」にも使われているそうです。

 気象特別警発表!台風第8号(ノグリー) 2014年7月9日


【 いきなりスゴイのやって来た! 】

テレビやインターネットのニュースで大騒ぎの台風8号。

沖縄地方への接近時には気圧が910hPa(ヘクトパスカル)まで下がると予想され、今年最初の台風接近に「まだ7月なのにスゴイの来ちゃったなぁ…」というのが率直な感想でした。

b_1407_台風8号01

赤印は左から西表島、石垣島、宮古島、沖縄本島

b_1407_台風8号06

7月8日午前6時現在の進路予想図

さて、この「910hPa」という数値ですが、台風の勢力を示す単位のうちの一つである台風の中心気圧を表します。沖縄で暮らすほとんどの方がこの中心気圧の数値によって、接近してくる台風の強さをイメージするのです。

 

【 気象特別警報! 】

台風8号の接近にともない、気象庁では宮古島地方と沖縄本島地方に暴風、波浪、高潮による気象特別警報を発表しました。

b_1407_台風8号02

特別警報のイメージカラーは紫です

気象庁による特別警報システムの開始以来、台風による発令が今回初めてという事情もあって非常に大きなニュースになりましたね。特別警報の定義を調べてみましたが、簡単に言うと「数十年に一度しかないような気象状況」をイメージしているそうです。

 

【 平成15年台風第14号 】

今回の台風8号は確かに特別警報レベルの脅威で沖縄へ近づいてきました。

しかし、この台風8号よりも更に勢力の強い台風が南西諸島へ接近して宮古島を直撃したことがあります。平成15年9月に発生した台風14号です。

→ 平成15年台風第14号 (Wikipediaより)

b_1407_台風8号03

2003年9月 アメリカ海軍による撮影

当時のことは私も強く記憶に残っています。宮古島内の電柱約850本が暴風によってなぎ倒されてしまうほどの凄まじい勢力を持った台風でした。

時速も10キロほどのノロノロ台風だったので暴風域に入っている時間も長かったと思われます。島民の方々は本当に不安な時間を過されたことでしょう。

この台風14号は最大瞬間風速74.1m/sを記録し、歴代7位の強さの暴風だったようです。ちなみに最大瞬間風速の歴代1~10位の中に宮古島は1, 3, 7位と3つもランクインしています。

宮古島には大きな山が無く平坦な地形なので暴風の影響を受けやすいのかもしれませんね。

 

【 風車式台風対策について 】

今回、八重山地方も暴風域に入る可能性があったので、風車では台風が接近する前日に台風対策をしました。台風対策とは、台風が接近した際の暴風雨による被害を最小限にするための準備です。

1. 防風戸と呼ばれる木戸を閉める

暴風によって折れた木の枝やはがれたトタンなどが飛んできても窓ガラスが割れないように木戸を閉めます。防風戸の無い家はネットを張ることもあります。

2. 車を避難する

最大瞬間風速が60~70m/s前後になると車がひっくり返ることがあります。なるべく風の当たらない場所に車を密集させて駐車します。

3. カヌーを屋内へ片づける

自動車がひっくり返るくらいの暴風だとカヌーは簡単に飛んでいきます。そんな恐ろしい光景は見たくないので、しっかり屋内へ移動します。また、屋内へ入り切らなかったカヌーには重石代わりの水をたっぷり入れて飛ばないようにしておきます。

4. テレビのアンテナを外す

台風一過にアンテナが行方不明…なんて悲しすぎます。ご近所にも迷惑がかかるので台風の度に取り外して屋内へ保管します。

5. 屋外の洗濯機も忘れずに

忘れてはいけないのが外に置いてある洗濯機です。正確には洗濯機の「ふた」です。
暴風によってふたが「バッタン、バッタン、バリバリーー!!」とはがれて飛んで行っては困ります。そうならない為にもふたをガムテープでしっかり固定します。

6. 飛びそうな物は全て屋内へ

家の周りを歩きながら、しまい忘れたり飛びそうな物がないかパトロールします。ちなみに、台風が来た時の状況を予測して風車のポストはあらかじめ取り外しできるように設置してあります。
要するに、風で飛ばされそうな物はすべて屋内へ避難させるという訳です。

 

【 台風時になくてはならない相棒。そいつの名は… 】

赤いボディーに頼れるパワー。そんでもって信頼のHONDAエンジン搭載。答えは「発電機」です!

b_1407_台風8号04

予備の燃料も準備ヨシ!

西表島の台風に停電は付き物ですが、いざ停電しても発電機があれば冷蔵庫や冷凍庫の中身をしっかり守ることができ、クーラーの効いた部屋で快適に過ごすこともできるのです。

テレビはアンテナを外しているので映りませんが、インターネットで一番気になる台風情報を確認することもできます。

 

【 スマホも必需品に 】

もしも停電したら発電機でADSLのモデムを動かせばインターネットができます。しかし、暴風雨の影響で電話回線が不通になることもよくあります。

そんな時、役に立つのがスマホの「テザリング」機能です。平成26年7月現在、西表島は未だFOMAなので通信速度は遅いのですが、メールチェックくらいはできるので安心です。

 

【 やっぱり基本は懐中電灯! 】

何度も大きな台風を迎える度に風車の台風対策の精度はかなり向上してきました。しかし、いつ停電が起きるのか予測するのはなかなか難しい面があります。

真夜中に停電になっても慌てないよう、家中のいたる所にありったけの懐中電灯を配置しておきます。いざ停電になってもバタバタ慌てることの無いよう準備しておくのは基本中の基本です。

b_1407_台風8号05

乾電池も入れ替えて準備ヨシ!

 

【 備えあれば憂いなし 】

今回の台風8号と同レベルの台風は毎年沖縄地方へ接近したり上陸していますが、いつ何時自然災害に見舞われたとしても、出来る限りの備えをしておけばいざという時に慌てなくて済みます。

ここで挙げた物以外にも水や食料、キャンプ用品、などなど、風車では普段からたくさんの物資をストックしています。

備えあれば憂いなし! 日頃から防災の意識を持って西表島生活を楽しみたいですね。

 ピナイサーラの滝、滝うえからの絶景! 2014年7月7日


【 50分のジャングルトレッキング! 】

これまで幾度となくお伝えしたきましたが、ピナイサーラの滝(滝つぼ&滝うえ)ツアーの最大の目的は、なんといっても滝上からの絶景です。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景01

滝上へ着いたらまずは記念撮影!

突き抜けるような快晴の多い夏場は、海の色も空の色も冬場に比べると格段の美しさを見せてくれます。

これはこの時期に西表島を訪れた方の特権でもあるのですが、この絶景を見るためには蒸し暑いジャングルの中、山登りをしなくてはならないので結構ハードです。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景02

写真撮影は笑顔ですが…

蒸し暑いジャングルの中は風がほとんど当たりません。トレッキングルートが夏の南風が当たりにくい北側にあるので、歩いている最中はほぼ無風状態。歩く距離の長さよりも暑さに参ってしまいます。

 

【 そんな環境でもガイドは頑張ってます! 】

風車のガイドは約20キロのリュックサックを担いで山を登ります。よくお客様から「そのリュックすごく重たそうだけど何が入ってるの?」と聞かれますが、今日はその質問にお答えしたいと思います。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景03

一体、何が入ってるの?

どんなに蒸し暑い日でもガイドが一生懸命担ぐ大きくて重たいリュックサック。そのリュックの中身とは…?

風車のツアーへ参加してくださったお客様への「想い」です。「想い」がギッシリ詰まっているので「重い」のです。冗談のようで本当なんですよ。すべては、滝上から望む絶景を眺めながらのランチタイムをご提供したい!という一心。そんな強い想いを抱きながら今日も山を登るのです。

 

【 ガイドの想いとは… 】

約50分のジャングルトレッキンングでは息も上がって汗びっしょりになりますが、山を登りきると滝上からの絶景に心身ともに癒されるのです。まさに頑張った方だけに与えられるご褒美ですね!

記念写真を撮った後、お客様は木陰で休んだり川で水浴びしたりと休憩タイムに入ります。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景04

登頂お疲れさまでした!

しかし、ガイドにはここからとても重要な仕事があります。それは、お客様のお腹を満たすための「わくわくランチ」の調理開始です!

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景05

おいしくなーれ!心を込めて作ります!!

 

【 わくわくランチとは? 】

それではここで風車特製わくわくランチをご紹介します。

まずは、朝7時からスタッフ総出でにぎった「おにぎり」。そして「八重山そば」。そばに入っているお肉(三枚肉)は風車特製です。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景06

大人気!風車特製わくわくランチ

ガイドが背負っていたリュックサックの中には、どんぶり、お箸、水、鍋、ガスコンロ、調味料、などなど…食材と調理器具がギッシリなのでした。

滝上の絶景ポイントで美味しい物を食べていただきたい。お客様の驚きと喜びの顔が見たい。それがガイドの想いです。昼間にしっかりカロリーを消費して夜に美味しいビールを飲みたい!という個人的な想いもありますが…(^-^;

そうそう、完食する前にお腹いっぱいになってしまったら残しても大丈夫ですよ。専用の容器をガイドが持参しているので、生ごみとしてしっかり持ち帰ります。ご安心を!

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景07

残飯はボトルに入れて持ち帰ります

ちなみに風車特製わくわくランチの美味しさの秘密については以前のブログをご覧ください。

風車の三枚肉
大好評!風車のおにぎり

 

【 ここでアドバイス 】

絶景が魅力のピナイサーラの滝(滝うえ&滝つぼ)ツアーですが、夏場(7月~9月)のジャングルトレッキングや山登りは本当に暑さが厳しくハードなのが現実です。それでもピナイサーラの滝の完全制覇にこだわる方は、ぜひピナイサーラの滝(滝うえ&滝つぼ)ツアーへご参加ください。

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景08

心ゆくまで絶景を堪能!

少しでも涼しく外遊びをマンキツしたい方にはマングローブカヌー&キャニオニング体験ツアーをお勧めしますよ!

b_1407_ピナイサーラの滝上の絶景09

“涼”を求めるならキャニオニングツアー!

1 / 212