西表島カヌーツアー風車スタッフブログ

 < 2014年 6月> の記事

 マングローブカヌー&キャニオニング体験ツアー 2014年6月30日


【 好評開催中!】 

沖縄地方の梅雨明けが全国ニュースで流れた影響でしょうか、真夏の人気コース、マングローブカヌー&キャニオニング体験ツアー へのお問合せが多くなっています。

ということで、本日はマングローブカヌー&キャニオニング体験ツアーについてのプチ情報をお届けします。

b_140630_1

この日のマングローブカヌーはヒナイ川

 

【 マングローブ見れますか? 】

西表島といえばマングローブが有名ですね。風車のお客様もマングローブの観察を待ち望んでツアーへ参加される方がほとんどだと思います。

よくお客様から「ピナイサーラの滝ツアーとマングローブカヌーのツアーでは、どっちの方がマングローブがいっぱい見れますか?」といったお問合せや「マングローブが見たいからマングローブカヌーのツアーお願いします。」という風にご予約をいただきます。

さて、ここでクイズです。
ピナイサーラの滝とマングローブカヌーのツアーでは、どちらの方がマングローブがたくさん見れるでしょうか?

答えは…どちらも十分ご覧いただけます!というより、マングローブだらけです(^-^;

b_140630_2

数種類のマングローブが観察できる

 

【 コースの魅力 】

ピナイサーラの滝ツアーに負けず劣らず大人気のマングローブカヌー&キャニオニング体験ツアー。マングローブを観察しながらのんびりカヌー、ジャングルトレッキングで滝つぼを目指す、キャニオニング体験でのクールダウン。

全身を使って一日フルに遊ぶけど思ったほど疲労度は少なく、この蒸し暑い西表島でも一日を通して爽やかに遊び尽くせるコースなんです。

b_140630_3

大人もドキドキ…滝つぼダイブ!

 

【 あ~、暑い!…なのに長そで? 】

西表島の夏の日差しは強烈です。太陽が真上から照り付け、昼間はほとんど影ができません。紫外線対策や熱中症予防のためにも帽子は必ずかぶり、長そでのシャツを着ましょう。

しかし、通気性の悪い素材や厚手の生地のシャツではダメですよ。体の熱がこもり、かえって熱中症が起こりやすくなってしまいます。薄手で乾きやすいドライ素材のものを選びましょう。

 

【 あ~、暑い!…なのに楽しい? 】

本州を流れる川に比べて亜熱帯の島、西表島の川や滝つぼの水温は高めとなっています。もしかして本州の海より温かいかもしれません。だから、一日たっぷり川遊びを楽しんでも唇が紫色になることもなく、泳いでも泳いでも気持ちがいいのです。

亜熱帯ジャングルをトレッキングして暑くなったら、滝つぼに浮かんでユラユラ~…。流れに身を任せ心も体もリラックスしましょう!

 

【 あ~、暑い!…なのに熱いお茶? 】

しっかりクールダウンしたら水から上がって休憩しましょう。いくら西表島でも長時間泳いだらやっぱり身体が冷えますからね。特に女性のためにあったかーい麦茶をご用意しています。沖縄県産の黒糖も一緒に食べてミネラル補給完了。元気復活です!

b_140630_4

みんな笑顔で仲良くなれたね!

いかがでしたか?
この夏、非日常のジャングル体験をしたい方は、夏季限定のマングローブカヌー&キャニオニング体験ツアーをおすすめします!

 結婚して初めての旅行 2014年6月30日


l_140630_01

今回はじめてカヤック&トレッキングを体験しました!!

すっごく楽しかったです~!!

旦那さんと結婚して初めての旅行でとってもとっても良い経験、思い出が作れました。

ガイドさん(イチローさん似)がとっても丁寧でステキな案内をしてくれたのにも満足でした♪♪

ソーキソバも頂上(滝)で食べれてぜいたくでした。ありがとうございました。写真がぜひほしいですー!

 素晴らし景色とツアー内容に満足 2014年6月29日


素晴らし景色とツアー内容に満足しました。昼の温かいおそばやおにぎりは大変おいしかったです。いつの日かまた伺いたく思います。お世話になりました。

 友達にも紹介すると思います 2014年6月28日


楽しかったです。また絶対に西表島に行きたいと思えました。友達にも紹介すると思います。

 子供のペースに合わせていただき感謝 2014年6月28日


l_140628_1

子供のペースに合わせてまわっていただき感謝です。人見知りな息子も帰りのカヌーではパパではなく「お兄ちゃんとのりたい!」と言った事にはびっくりしました(笑)

本当に優しく接して頂きありがとうございました。またよろしくお願いします。

PS
お昼のおそばとおにぎり、まんじゅう??おいしかったです。

 心に残る思い出をありがとう 2014年6月28日


こんにちは、有限会社SのMと申します。先日は弊社の社員旅行でお世話になり、ありがとうございました。みんな大変喜んでおります。滝壺で食べたソーキソバがウマカッタ!

心に残る思い出をありがとうございました。また来年も参加できればとおもいますので、その際にはぜひよろしくお願いします。

 やっと出ました西表島の梅雨明け宣言! 2014年6月27日


【 梅雨が明けたのに雨… 】

昨日(26日)、やっと気象庁から「梅雨明け宣言」が発表されました。平年より3日、昨年より15日も遅い梅雨明けだそうです。ちなみに西表島は10日くらい前から梅雨明け気分でしたが…。

ここ西表島の夏は「梅雨が終わったからもう雨は降らないね!」なんてことはなく、短時間のにわか雨が多いのです。そう、南国特有のスコールです。

b_1406_梅雨明け宣言1

たたきつけるようなスコール!

島全体に雨が降るというよりは極地的に雨雲が発生して、その場所だけしばらく雨が降るといったイメージです。5分くらいの雨でも洗濯物を濡らすには充分な時間と量です。

 

【 雨上がりはサウナ状態 】

ほとんどの雨は10分前後ですぐ止みます。雨上がりには太陽からの強烈な日差しによってアスファルトからグングン湯気が立ち、天然のサウナと化します。
たった10分の雨では何事もなかったかのように道路はすぐに乾いてしまうのです。

b_1406_梅雨明け宣言2

10分後にはケロッと快晴!

 

【 スコールはいつ来るの? 】

正直言ってわかりません (^-^;)

洗濯物や布団を干したまま外出している時にスコールに襲われると最悪の結末になります。いままで最悪の結末を経験したことはありませんが、ギリギリセーフだった事は何度かあります。

「濡れたって気にしないわ、またすぐに乾くしね!」なんて友人もいますが、外出する際は外に干してある物は取り込んでおくのが無難ですね。

突然の激しい雨に対応するには、原始的ですが定期的に空を見上げたり風邪を意識するのが一番効果的です。遠くの空に灰色の怪しい雲があったら、周りに声かけをして一気に濡れては困る物を取り込んでスコール対策を始めます。やはりこれしかないでしょう!

雨が降って、洗濯物が少し濡れて、取り込んで、雨がやんで、洗濯物を干したらまた雨が降って…(汗
これが一日に2度も3度もあるとかなりグッタリしますが、これも西表島の夏の風物詩かもしれませんね。

 ツアーの内容も、ガイドさんの話もよかった 2014年6月27日


とても楽しかったです。ありがとうございました!
ツアーの内容も、ガイドさんの話もよかったです。次に西表に来る時は今回とは別のコースで、また申し込みたいです。

 かにと、ヤドカリが、たくさんいましたね 2014年6月26日


l_140626_1

さわ田おにいさんへ

おにいさん、お元気ですか?○子は、元気です。
カヌーに乗って帰りに、右にいきましたね。
そしたら、かにと、ヤドカリが、たくさんいましたね。かわいかったね。

お昼のおそばは、おにぎりおいしかったです。
(おやつのおもちも)

 風車の無料レンタル品が増えました。 2014年6月26日


【 夏の西表島を楽しく遊ぶには… 】

今日も真夏の陽気であふれかえる西表島です。
お昼過ぎに2回ほど激しいスコールがありましたが、今では眩しい太陽がサンサンと照りつけ、いつもの夏空に戻っています。

b_1406_無料レンタル品1

真夏も元気なハイビスカス

さて、週間天気予報を見ても30℃超えの毎日。

海も川もジャングルも外あそびが最高に楽しい季節となりましたが、これから沖縄へ観光旅行される予定のある方はこまめな水分補給を忘れないでください。

特に、風車ではピナイサーラの滝(滝つぼ&滝うえ)ツアーに参加されるお客様には多めのドリンクの携行をお願いしています。

こちらのコースは滝上までの山登りがあるので大量の汗をかきます。しっかり水分補給しながらカヌーやトレッキングを楽しむことが一日を元気に過ごすコツですよ。

 

【 カヌーツアーに必要なドリンクってどの位? 】

実際にツアーへ参加されるお客様がどの位ドリンクを持っていくかお話しましょう。

参加されるコースにもよりますが、風車で一番人気のピナイサーラの滝(滝つぼ&滝うえ)コースの場合、大人の方で500mlのペットボトルを3本携行されるケースが多いです。体の大きい方や汗っかきの方だと4本準備されるお客様もいらっしゃいます。

「えーっ!そんなに!?」と思われるかもしれませんが、真夏の西表島はとても蒸し暑く予想以上に喉が渇くのです。

お客様がお帰りになった後の店内はペットボトルの山!風車にとって夏の風物詩です。

 

【 ペットボトルホルダーをご利用ください 】

最低でも一人1リットル以上のドリンクが必要な季節となりましたので、風車ではこのたびペットボトルホルダーをご用意しました。

これからは、リュックサックへ出し入れしたり手で持ち歩いていた煩わしさが無くなります。

b_1406_無料レンタル品2

もちろん無料レンタルです

 

【 今までは… 】

お父さんや彼氏がリュックサックの中にペットボトルを5本くらい入れて「よっこらせっ!」と背負う光景をよく見かけました。

家族や彼女にいいとこ見せるには効果ありですが、全員のドリンクを背負うとなるとかなりの重さに…(汗

いったんリュックサックに入れたペットボトルは何かと取り出すのに手間がかかります。ましてやトレッキングの最中なんて特に面倒くさい!おのずと水分補給がおろそかになり熱中症のリスクもグングン上昇!

担いだリュックを下ろし → チャックを開け → ドリンクを取り出し → 飲んで → しまって → チャックを閉めて → またリュックを担ぐ!

あぁ~、面倒だぁー!!
カヌーの操作に慣れないままドリンク、ドリンク…とゴソゴソしていたらマングローブに突進!なんて事もよくあります。

 

【 ペットボトルホルダーがあると… 】

1人1人がホルダーを肩にかけて持ち運びができます。両手は空くし、お父さんや彼氏のリュックサックも軽くなるしで、まさに一石二鳥。ちびっこだって喉が乾いたら何時でも何処でも飲むことができますね。

b_1406_無料レンタル品3

これで楽ちん!

さらに快適に一日を過したい方は水筒をお持ちください。氷をいっぱい入れてツアーへ出発すれば、どんなに暑くても冷たいドリンクが飲めますよ。

1 / 6123...最後 »